自宅で簡単クラミジア検査

クラミジア検査は自宅で簡単にできます。今ではネットなどで簡単に買えて結果も直ぐに分かります。病院に行って恥ずかしい思いをしなくてすみます。クラミジア検査キットがあればいつでも簡単に検査ができるので備えておくと便利です。

クラミジア検査とどれだけの期間でクラミジアとするか

クラミジアは性感染症の一つで、最も感染者が多い病気です。感染者が多い理由の一つに、症状が出にくく知らず知らずのうちに感染してしまい、感染に気が付かないまま他の人と性交渉をすることがあげられます。若い世代でも感染し、性行為によって感染してしまう確率は50パーセントと高くなっています。クラミジアに感染してしまうと、淋病やHIVなど他の性感染症にかかりやすくなるので不安を感じている場合は、早めにクラミジア検査を行うと良いでしょう。
クラミジアに女性が感染した場合、不正出血やおりものに異常が出ることがあります。自覚症状がなく、不正出血も生理不順からくるものと勘違いをしてしまうこともあり、症状が進行してから気が付くケースもあります。放置しておくと卵管炎や子宮内膜炎になることが多く、不妊や子宮外妊娠になりやすくなります。妊娠している時に感染すると流産や早産になることもあります。
男性の場合は尿道に違和感を感じ、排尿時に痛みを感じたり、透明な膿が出たりすることがあります。男性の方が比較的気が付きやすいですが、そのままにしておくと肝炎や腎炎、前立腺炎になることがあり、無精子病を引き起こすこともあります。
クラミジアの潜伏期間は1週間程度なので、可能性がある場合はその期間を目安にクラミジア検査を行います。ジスロマックなど抗生物質や抗菌剤を服用すると2週間程度で完治することができます。薬は良く効くため、症状はすぐにおさまりますが、最後まで飲みきらないと再び症状が現れるので、必ず指示されたとおりに服用します。
クラミジア検査は泌尿器科か産婦人科、検査キッドで行うことができます。泌尿器科などの医療機関では早ければその日のうちに遅くても3日程度で結果がわかり、治療を開始することができます。検査キッドの場合は通院の手間は省けますが、結果がでるまでに1週間以上かかることもあります。