自宅で簡単クラミジア検査

クラミジア検査は自宅で簡単にできます。今ではネットなどで簡単に買えて結果も直ぐに分かります。病院に行って恥ずかしい思いをしなくてすみます。クラミジア検査キットがあればいつでも簡単に検査ができるので備えておくと便利です。

クラミジア検査とイソジンでの予防と副作用

クラミジアは性感染症の中でも特に多い症状です。
感染は性行為で起こることが多くなっていますが、女性の場合は男性に比べて症状が出にくいこともあり、知らずの間に感染を増やしてしまうこともあります。
症状が軽いうちは、あまり自覚症状がありませんが、悪化してくると激しい腹痛や卵管に炎症を起こしてしまうこともあり、不妊の元仁となってしまうこともあります。
おりものが増えたり、性行為後に軽い出血があるなど気になる症状がある場合はクラミジア検査を受けてみることもおすすめです。

クラミジアの感染を予防するためにはコンドームの着用がとても役立ってくれますので、性行為の際には使うよう心がけたいものです。

クラミジアは性器だけではなく、のどからも感染することがありますが、この場合はイソジンなどのうがい薬が予防に役立つとされています。
イソジンは風邪の予防などで活用されているうがい薬で、褐色の液剤でヨウ素独特の臭いと味があることが特徴的です。
感染予防に役立つ薬ですが、やはり医薬品ですので副作用についても知っておきたいところです。

まず、イソジンはヨウ素を多く含んでいますので、過剰に摂取してしまうと甲状腺機能の病気になってしまう可能性もあります。
そして、粘膜を傷めやすい薬ですので、正常な細胞を損傷させてしまうこともあります。
粘膜を傷めてしまうとよりウイルスの侵入を用意にしてしまいますので、濃度は濃すぎることなく、適正な濃度を守ることも大事です。

そしてヨードアレルギーがある場合はアナフラキシーショックが起きてしまう場合もありますので、顔の腫れや蕁麻疹、吐き気など激しい症状が出た場合は一刻も早く診察、治療を受けることが大事です。