自宅で簡単クラミジア検査

クラミジア検査は自宅で簡単にできます。今ではネットなどで簡単に買えて結果も直ぐに分かります。病院に行って恥ずかしい思いをしなくてすみます。クラミジア検査キットがあればいつでも簡単に検査ができるので備えておくと便利です。

倦怠感や発熱は嫁もクラミジア検査を受けることが必要

クラミジアは性感染症であるため、性行為を通じてパートナーに感染します。クラミジアに感染して倦怠感や発熱の症状がある時には、嫁もクラミジア検査を受けることが必要です。女性のクラミジア検査は、婦人科や性病科などの病院で検査が受けられます。
クラミジアは日本では最も感染者が多い性感染症です。10代から20代の感染者が最も多く、若い人は特に感染しないように気をつけることが必要です。クラミジアに感染すると、男性は排尿痛や尿をする時に性器に違和感を感じます。初期段階では自覚症状はあまりありませんが、症状が進行すると、倦怠感を感じたり発熱するようになります。このような症状が現れた時には、病院に行って治療を受けることが必要です。
女性がクラミジアに感染すると、オリモノが増えたり、性交の際に性器から出血するようになります。症状が進行すると、下腹部が痛んできますので、症状が現れた時には婦人科や性病科の病院に通院することが必要です。そのまま放置しておくと、不妊症や子宮外妊娠の原因になるので、早めに治療を受けることが大切です。
最近は、男性がパートナーの嫁にクラミジアを移してしまうケースが増えています。クラミジア感染症の予防には、コンドームの使用がほぼ100パーセントの予防効果があります。クラミジアのほとんどは性器の接触によって感染するため、コンドームを装着することによってクラミジア感染症を予防できます。コンドームはクラミジアだけでなく、梅毒や淋病などのあらゆる性病を予防できますので、不特定多数の人とセックスをする時には、必ずコンドームを装着するようにします。最近は梅毒の感染者が急増しているので、コンドームで自分の身を守ることが極めて大切です。