自宅で簡単クラミジア検査

クラミジア検査は自宅で簡単にできます。今ではネットなどで簡単に買えて結果も直ぐに分かります。病院に行って恥ずかしい思いをしなくてすみます。クラミジア検査キットがあればいつでも簡単に検査ができるので備えておくと便利です。

医療機関でのクラミジア検査とコンドームの必要性

クラミジア感染症は、性病のなかで日本人が一番感染しやすい病気です。感染者は年々増え続けており、日本では15%を超え、世界でも最悪のレベルです。クラミジアの感染率は非常に高く、1回の性行為で50%とも言われています。また、性器への感染だけではなく、オーラルセックスによって喉への感染も起こりますし、体液がつくことによって、目もクラミジア結膜炎が起こります。感染しやすい原因は、自覚症状が出にくいということです。男性の50%、女性の80%が自覚症状がないと言われます。そのため、自覚症状がないまま性行為をして、周りに広がっていってしまうのです。また近年では若い女性、特に10代の女子高生の感染が多く、10%を超えると言われています。これは、クラスに30人の女子がいたら、3人は感染している計算になります。やはり安全に性行為を行うには、コンドームの使用が一番です。
このように自覚症状が無いことが多いので、心配な人や思い当たる節がある人は、一度検査をした方が良いでしょう。クラミジア検査は、医療機関で行うことができます。検査内容としては、男性の場合は尿検査が一般的に良く行われます。女性の場合はおりもの検査と言って、膣内に専用の綿棒のようなものを数センチ入れて粘膜を軽くこすりとって、分泌液を調べます。喉の感染の可能性がある場合は、同じように喉の粘膜をこすりとって検査します。また、最も良く行われるのは血液検査です。通常の血液検査と同じように血液を少量とって、成分を調べます。
検査によってクラミジア感染症であることが判明すれば、治療をします。治療に良く使われる薬がジスロマックです。ジスロマックは、副作用が少なく一回の服用で90%が治るので、飲み忘れなどの心配もなく安全な薬です。